Coaching

英語を学ぶとなった時ほとんどの方は、”コーチ”ではなく、「英語の先生」や「英語のインストラクター」などに馴染みがあるのではないでしょうか? そう、英語を学ぶ上で重要な事は、これらの違いを知ることです。​では、その違いとは一体何なのか、説明していきましょう。

​一般に言われる「先生」とは、教室で生徒に何かを教え、情報を与える人を指します。先生側の責任とは相手を教育することであり、生徒側の責任とは先生が述べた事をノートに書き留め、しっかり話を聞き理解することです。それは、生徒の視点から見れば一方的であり、多くの生徒は自分から話す時間を十分に持てていないのです。これは、”学ぶ”ことだけを重視している人に向けた最適な勉強法です。

私たちがよく知る「英会話学校」では、インストラクターが在籍しています。彼らの責任とは、通常1対1の状況で、会話力を上げる話し方を教えながら、間違いを訂正します。主な役割は、生徒にできるだけたくさんの英語を話してもらうことですが、会話を練習する場のため、教える時間は限られています。これは、たくさん英語で話したい方に向いている勉強法でしょう。

但し上記の勉強法では、一旦教室の外に出てしまうと、サポートや指導はありません。

eLingoでは、”コーチ”が在籍しています。我々コーチの責任とは、効果的なコミュニケーションの仕方を指導し、さらに効果が感じられる会話を練習していただき、適切に正していくことです。つまりeLingoのコーチは、「先生」や「インストラクター」の責任を担いつつ、あなたのライフスタイルに基づいて勉強することを習慣化させ、一人一人にカスタマイズされた自宅学習プランを作成し、教室の外においてもサポートしていくことをお約束いたします。

一般的な英会話学校の先生やインストラクターの場合、スケジュールや空席状況によって、レッスン毎に担当が変わることがありますが、eLingoでは”1コーチ 1クライアント”をポリシーとしているので、あなたの目標を達成するお手伝いをすることにとても関心のあるコーチと良好な関係を築くことができます。我々のコーチが、あなたのゴールに向かって、一歩一歩サポートすることで最後までやり尽くすことができるはずです。