Customized Study Plans

新しい言語を学ぶと決めた時、重要な事を2つ考える必要があります。それは、「時間」と 「方法」です。

目標達成までどのくらいの時間が必要か。そしてどのように勉強をすれば良いのかということです。

時間はとても重要な点です。なぜなら、英語の勉強をしない一番の言い訳が「時間がない」からなのです。新しい言語を勉強する時、時間がかかるのは誰もが知ることであり、英語の勉強が好きであれば、何時間でも没頭していられるでしょう。

しかし、日々の仕事で忙しく過ごしている人にとって、ほんの数時間でも勉強しないといけないとなると、勉強を始める前に諦めてしまう人もいるかもしれません。

ここに、良いお知らせと悪いお知らせがあります。まず、悪いお知らせとは「勉強しなければいけない」ということ。

これは決して避けられないものであり、もし効果的にコミュニケーションができる人になりたければ、その為に費やす時間はたくさん必要であるということです。

一方、良いお知らせはというと、あなたが思うほどの時間はかからず、難しくないという事です。

英語を勉強する為には、学校に通い、本を読み、単語を暗記する作業が必要だとすれば、当前多くの時間と努力が必要です。この方法では勉強が難しくなり、次第につまらなくなってしまいます。

中には、英語を上達させるために英会話スクールに通い、週1、2回英語のインストラクターと話した方がいいと思う方もいるでしょう。確かに時間の手間は省けますが、これだけでは英語は上達しません。英会話スクールだけに頼っていると、ほんの少し上達するためだけに数年かかることになります。なぜなら、学んだ英語を家に帰って復習しない限り、学んだことが身につかず、使うことすらできないからです。

そこで覚えていただきたいのは、あなたが使うテキスト、先生・インストラクターやコミュニケーションのコーチこそがすべての情報源だということ。それらをしっかり活用し、復習し、実際に使ってみなければ忘れてしまうのです。そう、英語学習にとって最も重要なのは、学校でもなく、英会話スクールでも、コーチング・アカデミーでもなく、そこで学んだことを自宅でいかに自分のものにして活用するかなのです!

では、「時間」と「方法」に関して最初の質問に戻りましょう。今度は、より具体的な質問に変えていきたいと思います。

 

「どの勉強法が一番効率的且つ効果的で、簡単で楽しいのか?」

その答えは、単純なものではありません。語学学校に通えば、おそらく多くの宿題が出るでしょう。あなたが中学生・高校生の時に馴染みがあったように、たくさん本を読んだり、単語の勉強や翻訳をするなど、とてもつまらなくて時間がかかってしまいます。英会話スクールによっては、いくつか宿題が出たり、レッスン中に書き留めたメモを見直して復習させたり、自宅でどう復習すれば良いかアドバイスをすることがあります。しかし、英会話スクールはレッスン自体に集中しているため、一度レッスンが終わればそれ以外のサポートは限られてしまいます。

eLingoでは、次の4つのEによってあなたの成功が左右されるのだと考えています。

それはいかに効率的に (efficient)、効果的に (effective)、簡単に (easy)、そして楽しく (enjoyable) 勉強できるか、です。

最初の「E」は 「Efficient = 効率的に」を表し、時間と結果に関わります。最小限の努力で最大限の効果を得るために、あなたのライフスタイルにあったプランを作り、通勤途中や待ち時間などの空いた時間に無駄なく勉強できるようお手伝いします。ある調査によると、過剰に勉強をした結果、その効果がなくなることがわかっている為、一歩一歩前に進めるような現実的なプランを提案します。

もし、通勤時間や待ち時間の間に少しでも上手く時間を活用する方法を知っていれば、たくさんのことができます。

これが二つ目の「E」、「Effective = 効果的に」です。勉強をしている時に確認すべき点は、それが “効果的に” 行われているかどうかなのです。

 

大抵の生徒は、単語を暗記したりメモを見ながら復習しますが、 書いてあるものを読むだけでは情報を記憶するにはあまり効果的ではないと、ある調査で判明しています。新しい情報を記憶に埋め込む効果的な方法とは、意識的に思い出すことです。

学習中に学んだ情報を段階的に処理し、それらを思い出すために「フラッシュ・カード」や「スペースド・レペティション

(感覚反復) 」を使います。

情報を何段階かに分けて処理することとはまず、単語やフレーズを視覚から覚え、次にそれらがどう聞こえるか聴覚で覚えるのです。これにより、発音は二段階目の処理となります。次にその単語とフレーズの意味を理解します。そして最後に、私たちの脳内にある別の記憶と連結させます。基本的に4段階目の処理はあなたにとって明確に意味をなすものです。

これら4段階に分類された情報処理によって、脳の中の結び付きが強くなり、記憶力も上がるのです。

3番目の「E」は「Easy = 簡単」です。上記で述べたレベルごとの処理は比較的簡単に覚えれますが、勉強も簡単にしたいですよね。学習することがなぜ簡単なものではないのかというと、それは単に習慣化されてないからなのです。特に、人は決まった日課がないと、気分に任せがちなのです。これでは、勉強を続けることが余計に難しくなってしまい、効果が全くなくなります。なぜなら、普段から実行しないことによって、毎回強い意志を持って勉強に励むことが難しくなるからです。

これこそが、勉強の緩みが出てしまう問題の1つなのです。

英会話スクールのように気軽にレッスンが予約でき、いつでも勉強ができるのは便利ですが、これでは必ずしもうまくいくとは限りません。「勉強」を習慣化し、レッスンの時間を固定することにより学習習慣がつくのです。

近年の調査によると、物事を習慣化させるにはおよそ2ヶ月かかると言われています。最初の2ヶ月は大変ですが、一度習慣となれば自然と身に付き、簡単になっていきます。我々のコーチは、この 始めの2ヶ月間でしっかりとサポートさせていただき、モチベーションを高めるお手伝いをしながら最後まで指導いたします。

そして最後の「E」は「Enjoyable = 楽しく」です。誰もがつまらないものを好まないように、よっぽど勉強が好きでない限り、それは一番楽しい事にはなりえません。しかしながら、学習全体を退屈に思う必要もありません。フラッシュ・カードやスペースド・レペティションを活用すれば、ゲーム感覚で勉強を楽しむことができます。

さらに、勉強の一環として、あなたの目標に応じたいくつかのテレビ番組をお勧めします。勉強を楽しくするためには様々な方法があり、皆さんの英語に対する興味とモチベーションを保つために我々コーチが全力を尽くします!